Guide

製品選び方ガイド

バイクスタンド選びの4つのポイント

Point01自転車の種類で選ぶ

自転車によって大きさや重さはもちろん、タイヤの幅などで対応できるバイクスタンドが変わります。
今お持ちの自転車が対応可能か購入前にチェックしてみてください。

自転車の種類で選ぶ
iWAバイクスタンド対応表
ロードバイク A01V・A01V Special・iWA1・iWA1匠・A02L
クロスバイク A01V・A01V Special・iWA1・A02L
マウンテンバイク A01V・A01V Special・iWA1※1・A02L
ミニベロ A01V・A01V Special・iWA1・A02L
シクロクロス A01V・A01V Special・iWA1・A02L
グラベルバイク A01V・A01V Special・iWA1・A02L
Eバイク A01V・A01V Special
セミファットバイク A01V・A01V Special

※スルーアクスル、ディスクブレーキ仕様のバイクにもご使用頂けます

※1…タイヤ幅が40㎜未満の場合に限ります。

Point02スタンドの使用目的で選ぶ

バイクスタンドの使用目的は主にディスプレイ、メンテナンス、洗車といった3つになります。ディスプレイなら室内でもタイヤが壁や床と触れないかどうか、メンテナンスや洗車なら自転車をしっかりとホールドできるかがポイントになります。

スタンドの使用目的で選ぶ
iWAバイクスタンド対応表
ディスプレイ A01V・A01V Special・iWA1・iWA1匠・A02L
メンテナンス iWA1・A02L
洗車 iWA1・A02L

Point03設置場所で選ぶ

自転車を自分の部屋やリビング、玄関などで設置する「屋内」と、屋内以外の雨の当たらないガレージや倉庫などの「屋外」で選ぶケースが多いです。

設置場所で選ぶ
iWAバイクスタンド対応表
室内 A01V・A01V Special・iWA1・iWA1匠・A02L
室外 A01V・A01V Special・iWA1・A02L

Point04自転車の置き方で選ぶ

バイクスタンドの種類は大きく3タイプで、縦置きは複数台をお持ちの方や省スペースのディスプレイ、縦横兼用は場所を選ばないディスプレイ、横置きはメンテナンスにオススメです。

自転車の置き方で選ぶ
iWAバイクスタンド対応表
縦置き(省スペース) A01V・A01V Special
横置き A01V Special・iWA1・iWA1匠・A02L
縦・横両置き(省スペース) A01V Special

iWAバイクスタンド早見表

※1…木材製品のため、扱いにご注意ください。
※2…タイヤ幅が40㎜未満の場合に限ります。
  iWA1匠detail A01V
Special
detail
iWA1detail A01Vdetail A02Ldetail
使用目的 ディスプレイ
メンテナンス
洗車
設置場所 室内 自室
リビング
玄関 ※1
室外 軒下
ガレージ
倉庫
置き方 縦置き
横置き
縦・横両置き
スペース 省スペース
対応車種詳しい用語解説はこちら ロードバイク
クロスバイク
マウンテンバイク ※2
ミニベロ
シクロクロス
グラベルバイク
Eバイク
セミファットバイク
対応バイク 仕様詳しい用語解説はこちら スルーアクスル
ディスクブレーキ
対応バイク
アクセサリー
詳しい用語解説はこちら
泥除け
フロントキャリア/バック
リアキャリア
対応バイク
フレーム
詳しい用語解説はこちら
ミキストタイプ
スタッガードタイプ
ホリゾンダルタイプ
スローピングタイプ